20th

---
クレイデトックス
---
2012.03.16

☆クレイセラピー
フランスではエステだけではなく医療として取り入れられているクレイ療法。
湿布したり内服することで、重金属、農薬などを吸着してデトックスしてくれる効果があるそうです。
なんとチェルノブイリ原発事故後や、スリーマイル島の原発事故後も使用されていたといいます。
その他、オーストラリアの臨床ケーススタディで、放射線治療にクレイを使用したレポートがあり、このときは、クレイとラベンダー精油を使用することで、やけど、痛み、不快感などを和らげることが
できたそうです。
★クレイ・デトックスとは
クレイはミネラルが主成分で、主に酵素、ケイ土、鉄、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどで構成されています。
クレイを取り入れることで、これらの成分【マイナスイオン】が体内に吸収され、新陳代謝を活発にし、体内に蓄積された毒素や老廃物の排出も促します。
血液中のプラスイオンが多くなると、細胞の新陳代謝が低下し、身体機能も低下、さらには早期老化の原因となることもありますが、そもそもクレイには体内のプラスイオンをマイナスイオンへ変えていく力があるので、免疫力アップのもつながっていくといわれています。
~クレイバス~
材料
・塩。。。1/2カップ
・クレイ【モンモリオナイト】。。。1/2カップ
 
・お好みのエッセンシャルオイル。。。適量
・重曹。。。大さじ2

使い方よつば
1.クレイを水かぬるま湯で溶かし、ペースト状にして精油を加える。
2.塩、重曹をお風呂に入れて入浴する。
※クレイバスの注意点
1.クレイは放射性物質をはじめ、様々な環境汚染物質や老廃物を吸収、吸着してしまうので、利用したクレイバスに再入浴しないように!
2.クレイには金属を錆びさせる働きがあります。自動循環器式のタイプの浴槽でクレイを長期的に使用すると、風呂釜の中が錆びてしまう可能性があります。クレイを溶かした状態でわかし湯や追い炊きするのは避け、使用したクレイバスは早めに捨てましょう。
★モンモリオナイト
モンモリオナイトの吸着力を使って、スリーマイル島やチェルノブイリの事故後、放射能廃棄物にクレイを混ぜて土に埋めることで、土壌汚染を防止したそうです。
また六ヶ所村をはじめとする日本各地の核廃棄物処理場でも、土に放射能物質が漏れださないようにガラスに固められた核廃棄物と土の間にクレイが使用されたり、今回の福島の事故でもロシアからモンモリオナイトの使用を提案されたりしていたそうです。
また、チェルノブイリ事故では、モンモリオナイトクレイで原子炉をカバーし放射能漏れを防ぎ、核物質の仕事をしていたロシアの科学者や作業員は、防御服を着る前に、手や身体に水で溶いたクレイを塗り、作業後に洗い流していたそうです。
そして被ばくした人たちには、クレイを混ぜたチョコレートを配っていたという話まで残っています。
そしてつい最近まで廃炉の後処理が行われていたスリーマイル島でも、作業員がクレイペーストを身体に塗り、多量の放射能をあびてしまったときは、モンモリオナイトを溶かしたクレイバスに浸かっていたそうです。
そもそも、ストロンチウム、セシウム、プルトニウム、ウランといった多くの人口放射性物質はプラスイオンなので、クレイによって吸着される可能性は高いといえます。ただ、放射性ヨウ素はマイナスイオンなのでクレイの吸着力が期待できないと考えられるようです。
クレイバスに使用するお勧めの精油★☆
・ティートリー。。放射能を防ぐといわれています。
・ラベンダー。。やけど、痛み、不快感など。。
今回は Veggy魔女のキッチン・ファーマシーに紹介されていました掲載文を紹介させて頂きましたニコニコ
これから役に立つ情報だと思うので、ぜひ皆さんでシェアしてくださいニコニコ
天然香房  SA=YA